Articles

私たちの活動

タガログ語の翻訳をするフィリピン人翻訳者

「発注前に知りたかった!」タガログ語翻訳(フィリピン語翻訳)の基礎知識

初めてタガログ語翻訳(フィリピン語翻訳)をご利用される方は、様々な悩みや疑問をもたれていることでしょう。

  • フィリピンの言語とはそもそも何か
  • どこに依頼すればいいのか
  • 料金はどのくらいかかるのか
  • 安く翻訳する方法はあるのか
  • 無料の機械翻訳を利用しても問題ないのか

「翻訳は誰に任せても同じ」と思われるかも知れませんが、残念なことに翻訳者の中には、依頼者や案件を管理する翻訳会社の担当者がタガログ語を理解していないことを逆手にとって、雑な翻訳を提供する方もいるのが現実です。また、翻訳者にそのような意図がなくても、タガログ語(フィリピン語)のような英語と組み合わさった特殊な言語の翻訳は、難しいがためにミスが生じることもあります。

ご依頼者自身がタガログ語翻訳に対して一定の知識をもつことで、そのようなトラブルを未然に防ぐことができます。この記事では、翻訳会社やフリーランスの選び方、機械翻訳を効果的に活用する方法をご紹介いたします。

タガログ語(フィリピン語)について

フィリピンの方に向けて翻訳する場合は
基本的にタガログ語(フィリピン語)を使用

フィリピンの方とコミュニケーションにはタガログ語(フィリピン語)を使用します。後述しますが、フィリピンの地域によって話される言語が異なるため、セブ出身のフィリピン人にはセブアノ語(ビサヤ語)を、イロイロ島出身のフィリピン人にはイロカノ語を使用する場合があります。いずれの出身者もタガログ語(フィリピン語)を理解できるため、特別な事情がない限り、フィリピンの方に向けた文章を翻訳する場合は基本的にタガログ語を使用します。

タガログ語とフィリピン語の違い

結論から申しますと、フィリピン語とタガログ語は同じ言語を指しています。日本語での発音の関係もあり、フィリピン語はフィリピノ語やピリピノ語と表記されることもあります。また、タガログ語もタガル語と表記されていることも見かけますが、タガログ語は「フィリピンの国語」としてフィリピン語とも呼ばれています。

フィリピンにはタガログ語の他に
ビサヤ語、イロカノ語など150以上もの言語がある

タガログ語はフィリピンの国語ですが、厳密に言えば、フィリピンには7,600以上もの島があり各地域によって話される言語が異なります。セブアノ語(ビサヤ語)からイロカノ語、パンパンガ語、ワライ語(ワライワライ)など主要言語を含め、その数は150以上もの言語が存在していることが2000年度に実施されたフィリピン国勢調査で明らかになっています。

それらは同じフィリピン国内の言語でも、全く異なる独立した言語として扱われます。タガログ語を母語とするマニラ出身者が、セブアノ語やイロカノ語を聞いても全く理解でないほど異なっています。日本で例えると、関西弁や名古屋弁など意味が理解できる方言ではなく、津軽弁のような標準語の語体を保たない言語が150以上あるということです。

セブ島出身のフィリピン人はセブアノ語(ビサヤ語)を母語としますが、初等教育からフィリピンの国語としてタガログ語を学習するため、彼らにとってタガログ語は第二言語となります。他の地域も同様に地方の言語が存在しますが、義務教育としてタガログ語を国語として学ぶため、フィリピン国民であればタガログ語が理解できます。

150以上もの言語が話されるフィリピンで、国民の意思疎通を容易にするためにフィリピンの公用語としてタガログ語が採用されています。そのため、タガログ語はフィリピン語(フィリピノ語)とも呼ばれており、国勢調査の結果では96.4%のフィリピン国民がタガログ語を話されることが明らかになっています。

前述の通り、フィリピンの方々に向けて翻訳をする場合は、基本的にタガログ語で問題ありません。しかし、タガログ語を話す機会が少ない地方出身者にとっては地方言語が好まれるので、そのような特殊なケースにおいては地方言語への翻訳も有効です。

タガログ語(フィリピン語)は
英語とスペイン語の借用語が多い

フィリピンは米国とスペインの植民地だった歴史もあり、タガログ語の単語やフィリピン人の名前、フィリピンの地名も英語やスペイン語が多く含まれています。

フィリピンの公用語は「タガログ語」と「英語」

フィリピンの公用語はタガログ語ですが、英語も公用語として採用されています。ニュース、新聞、契約書などの公文書では、それぞれタガログ語と英語が使用されています。フィリピンで実施された2000年度の国勢調査によれば、63.7%の5歳以上のフィリピン国民が英語を話されるといった結果が明らかになっています。

しかし、フィリピンで生活をすると実際はこの結果の「英語が話せる」度合いが人によって大きく異なり、英語圏の人のように英語を流暢に話せ、読み書きできる割合は、上述された数字よりもかなり少ないと感じられます。英語の新聞を全て理解できるフィリピン人は、難関大学卒業者または英語教育を徹底された家庭で育ったフィリピン人に限られている印象があります。また、英語をアメリカ人のように流暢に話すフィリピン人は、エリート層や富裕層といった印象がもたれます。

フィリピンでは、タガログ語と英語が公用語として採用されていますが、英語を流暢に話せ完璧に理解できる割合は多くありません。フィリピン人とのコミュニケーションにはタガログ語が効果的です。

フィリピン人にわかりやすい翻訳は、
英語とタガログ語を合わせた「タグリッシュ」

フィリピンでは、「タグリッシュ」といってタガログ語(Tagalog)に英語(English)を混ぜて話されます。また、固有名詞や公共機関などの表記にも英語が使われています。公式なタガログ語の文章や大統領演説にもタガログ語と英語の両方が使われます。

そのため、タガログ語へ翻訳する場合は「タグリッシュ」を使用します。タガログ語へ翻訳する際に、普段はフィリピンの人たちが英語で話す単語を無理にタガログ語にすると、かえって文章が不自然となってしまい、伝わりづらくなります。日本語で例えるならば、本来なら英語で理解しやすい単語やカタカナ表現を無理に日本語に変換して読みづらさを感じる感覚に似ています。

初めてタガログ語の文章を見る方にとって、翻訳に英語が混ざっていることに疑問を感じられるかと思いますが、フィリピン人にわかりやすい文章には適度にタガログ語と英語を混ぜたタグリッシュが利用されています。

日本語からタガログ語へ翻訳する難しさ

日本語からタガログ語へ翻訳する場合に、特に障害となる点を2つご紹介します。

1. 暗示された日本語の主語をタガログ語に反映する必要がある

1つは、主語を文脈から判断する日本語の性質です。日本語は、主語を省くことができる「プロドロップ言語 (Pro-drop language)」です。

一方、英語やタガログ語ではほぼ必ず主語を省くことなく言及するので、単語を置き換えるだけで翻訳が成立しません。下記の例文で日本語と英語、タガログ語の違いを見てましょう。

日本語:もう食べた?
英語:Did you eat already?
タガログ語:Kumain ka na ba?

日本語での主語は「あなた」ですが、会話の流れや文脈から理解できることを前提に主語が省略されています。他方、英語では主語にあたる「you」が、タガログ語では「ka」があります。このようなシンプルな文で日本語の主語を特定することは容易ですが、文が複雑化するにつれて困難になることが想像できると思います。

主語を特定するには、「高度な日本語の読解力」に加え、話されているトピックに対する「背景知識」や即座に文脈から推測する「論理的思考能力」が必要となります。

上記の例文をグーグル翻訳で訳すとこのような訳文になります。

日本語:もう食べた?
英語:I already ate?
タガログ語:kumain na ako?

英語とタガログ語の主語がそれぞれ「私」を表す「I」と「ako」で「私は、もう食べた?」といった意味になっており、翻訳が誤っています。日本語の「文脈や物語を読み取る技術」というのは、現在も機械翻訳やAIの課題となっています。しかし、工夫を加えることで機械翻訳を上手く活用することも可能です。このような問題を防ぐテクニックは後述します。

2. タガログ語の翻訳には、高度な英語スキルも必要

2つ目は、タガログ語の翻訳では「タグリッシュ」を使用するため、タガログ語だけでなく正しい英語を書くために「高度な英語のライティングスキル」が求められる点です。特に印刷物など公表する文章においては、タガログ語だけでなく英語の文法も正しくある必要があります。

タガログ語翻訳(フィリピン語翻訳)を利用する3つの手段

  1. 安定した品質をお求めの方は翻訳会社に依頼をする
  2. 予算が限られている方はフリーランスを活用する
  3. 簡単な会話であれば無料の翻訳機またはアプリを使用する

〜タガログ語(フィリピン語)を取り扱う翻訳会社〜

翻訳会社の種類とメリット

翻訳会社に依頼することで得られるメリットは主に2つあります。「一定の品質が保証される」ことと「優秀な翻訳者を探す手間が省ける」ことです。しかし、翻訳会社には多言語を取り扱う翻訳会社と特定の分野や言語を取り扱う専門の翻訳会社があるので状況に応じて使い分けをすることをお勧めします。

  1. 多言語を取り扱う翻訳会社
  2. 特定の言語を専門とした翻訳会社

翻訳会社にタガログ語翻訳を依頼する際の注意点

翻訳はどこに任せても同じと思われるかもしれませんが、翻訳会社の得意分野によって仕上がりや得られるメリットが異なりますので、依頼先は慎重に選ぶ必要があります。

弊所はこれまで数多くのタガログ語の翻訳物の品質点検を経験しました。案件と会社にミスマッチがあると下記のような問題が生じることもあるので注意が必要です。

  • 公式な文章にも関わらず、機械のような不自然な翻訳がされている
  • 公式な文章に相応しくない表現が用いられている
  • 誤った翻訳がされている
  • 不自然なタガログ語の表現が使われている

英語や中国語のような主要言語の場合は翻訳者の数が多く、品質管理が比較的容易ですが、タガログ語のようなマイナーな言語は翻訳者の数自体が限られいるため管理が非常に困難な事が原因としてあげられます。翻訳会社に所属するタガログ語翻訳者や独自の教育方針によって品質が左右されるので、心配であれば事前に下記を確認すると良いでしょう。

  • その分野における実績
  • 翻訳者のプロフィール

これらを参考にし納得のいくものであれば、ご依頼を判断されるといいでしょう。また前述したように、翻訳には「タグリッシュ」が使用されるので、もし英語の資料をお持ちであれば、ご依頼の際に参考資料としてお渡しいただくことで、英語資料とも表記が統一され高い仕上がりが期待できます。

複数の言語を同時に翻訳できる「多言語対応の翻訳会社」

多言語を取り扱う翻訳会社では英語、中国語を含め、タガログ語(フィリピン語)、ベトナム語、スペイン語などさまざまな言語を取り扱っています。タガログ語(フィリピン語)以外の言語も一度に複数ご依頼される場合に手間が大きく省けることが利点です。

優秀な翻訳コーディネーターも多く、依頼者のニーズを細かく汲み取り、各言語で生じる特有の問題を事前に想定したうえで翻訳者に作業指示を伝えてい流ため、一定の品質を保証いただけます。

翻訳会社の料金相場

日本語からタガログ語へ翻訳する場合:14〜28円/字
タガログ語から日本語へ翻訳する場合:18〜47円/単語

タガログ語(フィリピン語)専門の翻訳会社

フィリピン独自の価値観への深い理解が効果的な翻訳に繋がる

専門ゆえにフィリピンの細かい事情にも詳しく豊富な実績があることから、読者であるフィリピン人の事情や状況を配慮したうえで、ご依頼者の抱える想いや原稿の意図など細かいニュアンスを汲み取り、効果的に翻訳できることが最大の利点です。

  • フィリピン独自の文化や価値観、時事問題への深い理解
  • 日本で生活するフィリピン人特有の生活習慣や悩みに対する理解
  • 専門ゆえの圧倒的な知識と経験の蓄積
  • タガログ語に加え、ビサヤ語、イロカノ語などフィリピン地方言語にも対応

どの分野においてもタガログ語の翻訳であれば、一定の実績があるので安定した品質が保証されます。

高い費用対効果

前述した多言語翻訳会社では、一般的にタガログ語は希少言語として扱われ、高額で販売される傾向があります。しかし、専門の翻訳会社ではタガログ語のみに特化していることから供給面で比較的余裕があることや、独自のノウハウを備えているため、品質を落とさず市場価格より20〜40%ほど安価で提供されています。

タガログ語(フィリピン語)専門の翻訳・通訳
ピノラ翻訳事務所の特徴

手前味噌で恐縮ですが、タガログ語専門の翻訳をしている弊所ピノラ翻訳事務所の特徴をご紹介させていただきます。

1. 高い学力と幅広い知識を備えた言語プロフェッショナル
〜フィリピン三大トップ大学出身者が多数在籍〜

質の高いタガログ語翻訳には、翻訳者として思考能力が大きく問われます。文章を正確に理解する「日本語の読解力」はもちろんのこと、書類の目的を理解して適切な表現に訳すためには、「日本・フィリピン両国の文化と価値観」「専門知識」に加え、背景知識を理解する「学力」も必要です。また、読み手にわかりやすい表現には、内容を咀嚼する能力が求められ、それには「論理的思考」と「タガログ語のライティングスキル」も重要になります。

在籍翻訳者のほとんどが、フィリピン国立大学、私立最高峰のデ・ラ・サール大学、アテネオ大学というフィリピン三大トップ校の出身で、高い学力、幅広く専門的な知識、高度なライティングスキルを備えています。決して、日本語・タガログ語のバイリンガルというだけの集団ではありません。

2. 「専門」ゆえの圧倒的な経験の蓄積
〜大手翻訳会社からも信頼される実績〜

タガログ語の翻訳が必要となる書類は、お客様ごとに大概決まっています。企業であればフィリピン人の雇用、技能実習生に関する書類、役所であれば住民登録などの行政手続きに必要な書類、個人では各種の証明書などが多い傾向にあり、それらを専門的に翻訳しています。その経験から得られた圧倒的な知識とノウハウの蓄積は、大きな武器となっています。

実際に、大手翻訳会社からも高い信頼のもとに多くのご利用を頂いております。品質面で満足のいく水準を保持していることは、これらの事実からも証明されています。

3. お手頃な価格で安心の品質を提供
〜「リーズナブルで上質」と評価される秘密〜

弊所では、フィリピンで翻訳チームを現地採用しています。物価が比較的安価なフィリピンを拠点とすることでコストを抑えられ、さらには、タガログ語ネイティブの翻訳により品質管理の徹底を維持できる利点が得られます。

仮に、日本国内で同じ品質を求めるとしたら、日本人の営業や人事に加え、ネイティブ翻訳者も日本滞在者であるケースが多いため、提供サービスは高額化せざるを得ないでしょう。逆に、安価に提供するとなれば、品質を左右する翻訳者への報酬を切り詰め、品質管理の工数を省くなど、品質を犠牲にしてコストカットする必要に迫られます。

第一、翻訳者や編集者に無理を強いる仕組みでは、優れた人材の確保自体が難しいことなのは間違いありません。優秀なタガログ語翻訳者は希少な存在です。現地に直接足を運び、翻訳者を厳選して育成から携わってきたからこそ、能力に見合った対価を翻訳者に保証しつつ、上質と安心価格の両者を実現できています。

このように特定の言語を専門とする翻訳会社では、業界において最善だと思われるサービスを提供できるよう独自の戦略を用いて、日々創意工夫を行っています。

〜フリーランス翻訳者の活用〜

安価で利用できることがメリット

予算が限られていて翻訳会社への依頼が難しい方には、フリーランス翻訳者を活用する手段をご紹介します。翻訳会社を介さず直接翻訳者に依頼するため、翻訳会社より安価で依頼できることが大きなメリットです。

注意点と対処法

翻訳者選びに細心の注意を払う必要があります。フリーランスサイトは誰でも登録ができますので、「雑な翻訳をされた」「ミスが多い」といった失敗しないためにも翻訳者を選定する際は、依頼者自身にもある程度、翻訳に対する知識を身につけておくことが必要です。

多くの方が誤解されるのですが「言語が堪能であること」と「翻訳ができること」は別の話です。言語が堪能であれば誰にでも品質が整った翻訳ができるとは限りません。翻訳後の文章が読者にとって読みやすく自然な文章に仕上げるには、文章の意図を咀嚼してわかりやすく伝える論理的思考や、表記や全体としてレイアウトを細かく調整できる読者視点など、様々なスキルと多くの経験を積む必要があります。タガログ語の翻訳者として仕事をするには、「日本語とタガログ語が堪能」なだけで翻訳ができるのではなく「翻訳スキル」そのものが必要不可欠です。

品質が心配な方は、翻訳者と信頼できるチェッカーの2名を手配することを推奨します。人間が行う作業なので、どれだけ有能な翻訳者でも一人でミスなく完璧に翻訳をこなせる確率は低く、ヒューマンエラーが必ずと言っていいほど生じます。セルフチェックだけでは検知しきれないミスは第三者に確認すると良いでしょう。

タガログ語のフリーランス翻訳者を活用される方のために、下記で基礎的な知識と目的に沿ったフリーランスサイトをご紹介します。

日本語からタガログ語へ翻訳(タガログ語訳)する場合

日本語からタガログ語へ翻訳する場合は、フィリピン人翻訳者を起用することを推奨します。これはタガログ語を母語とするフィリピン人が翻訳することで、仕上がりが自然なタガログ語の文章になるためです。

翻訳後のチェックは、日本人翻訳者を採用します。日本語を母語とする翻訳者の観点から翻訳の誤りを検知したり、日本語の細かいニュアンスがタガログ語に反映されているかを確認できるためです。

日本人が翻訳をした後、ネイティブチェックとしてタガログ語ネイティブであるフィリピン人が文法を修正する方法もありますが、不自然な日本語よりのタガログ語表現になる傾向がある点と日本人の翻訳者が非常に少なく手配が難しい点から推奨はしません。

タガログ語から日本語へ翻訳(和訳)する場合

日本人またはハーフの翻訳者を推奨します。日本語を母語としているため、自然な日本語の文章に仕上がります。チェックは、前述した理由と同じで、フィリピン人翻訳者を採用すると効果的な翻訳が期待できます。

オススメのフリーランスサイト

ランサーズ

日本最大級のフリーランスサイトです。登録者は基本的に日本人なので、タガログ語が堪能な日本人翻訳者を検索することが可能です。

まとめ

前述したサイトでは多くの翻訳者が登録しており、安く利用できることが魅力ですが、品質のばらつきが大きいことや冒頭で前述した悪質な翻訳者にあたるリスクもあります。ビジネスで使用する書類や印刷物などの重要な書類は、翻訳会社を利用することをお勧めします。

前述したサイトで、弊所の基準で採用できた翻訳者は、30〜40人に1人の割合でした。翻訳会社は、そのような希少な人材を探し教育することで安定した品質を提供しており、それが存在価値だと信じています。通常なら莫大な時間がかかる優秀な翻訳者を探し教育する手間が省けることを考えれば、多少値段が高くとも利用する価値はあります。

〜無料で利用できるタガログ語(フィリピン語)の翻訳機〜

予算の関係で翻訳会社やフリーランスも利用できない場合は、無料の翻訳機を利用することも手段です。2020年現在の翻訳機の精度は内容を理解できる程度まで上がっており、今後もその精度は更に向上していくことが期待できます。

翻訳機を利用するメリットは、無料で気軽に利用できる点と即座に翻訳が反映される点です。通常なら数日かかるほどの大量の文章もすぐに内容を理解できます。旅先のフィリピンで現地の方とのコミュニケーションや、タガログ語で発行された文章の内容を簡単に理解する場合に大きく役立ちます。

「短文」「主語を明記」で翻訳精度が向上する

翻訳機で日本語からタガログ語に翻訳する場合は、できるだけ文章を短くすると精度が上がりやすくなります。「タガログ語翻訳の難しさ」で前述したとおり、タガログ語への翻訳に限らず、どの言語においても日本語からの翻訳が難しいのは、日本語の主語を文脈から判断するといった点です。翻訳機には特定の文法構造がアルゴリズムとして組み込まれているため、「主語(誰が・何が)+目的語(何を)+述語(どうした・どうなった)」のように簡潔にすることが重要です。機械翻訳にはまだ改善の余地がありますが、できる限り文を短くすれば高い精度の翻訳を期待できます。

冒頭の例文をもう一度見てみましょう。日本語では、主語が明記されていないため、グーグル翻訳の英語とタガログ語では、主語を「私」と捉えいています。

日本語:もう食べた?(主語はあなた)
英語訳:I already ate?(主語は私になっている)
タガログ語訳:kumain na ako?(主語は私になっている)

他方、主語を明記する英語からタガログ語へ翻訳する場合は、正確に翻訳されます。


英語:Did you eat already?
タガログ語訳:Kumain ka na ba?

日本語にも主語を加えることで、翻訳機の精度が向上することを確認できます。

日本語:あなたはもう食べた?
英語訳:Have you eaten yet?
タガログ語訳:Kumain ka na ba?

複雑な文章においても、「主語(誰が・何が)+目的語(何を)+述語(どうした・どうなった)」といった構文に言い換えれば、精度の高い翻訳を期待できます。

まとめ

これまでタガログ語(フィリピン語)という言語の特徴について解説をし、タガログ語の翻訳には3つの手段があることをご紹介しました。これらは目的に合わせて使いわけると良いでしょう。印刷物やビジネスで使用する重要な書類は翻訳会社を利用し、予算を抑えて簡単な翻訳をされたい方はフリーランスを活用することをお伝えしています。またフリーランスを活用する際は、悪質な翻訳者に注意し、翻訳者だけでなく信頼できるタガログ語話者にチェックを依頼する二名体制で行う方法をご紹介しました。旅先などでのフィリピン人との簡単なコミュニケーションやタガログ語の文章の内容を即時に簡潔に理解したい場合は、無料の翻訳機械を利用するのもいいでしょう。その際、主語+目的語+述語の語順で翻訳にかけると翻訳精度が向上します。